【映画】『終わった人』キャスト登壇プレミア試写会in東京 舘ひろし/黒木瞳/広末涼子/今井翼(出演)内館牧子(原作)中田秀夫(監督)レポ、あらすじ

シェアする

こんばんは!

友人からチケットを分けていただいて久々にプレミア試写会をみに行ったチェルです⭐︎

『終わった人』って?

内館牧子さん原作の定年小説!!私今回初めて「定年小説」というジャンルを知りました(笑)

『あぶない刑事』シリーズでおなじみの舘ひろしさん主演の定年退職コメディ!

うちの祖父は『はぐれ刑事純情派』派でした(笑)

出世レースに負けて出向のまま定年を迎えたメガバンクのサラリーマン田所さんの定年退職後の日からの奮闘人生をコミカルに描いています。

キャスト登壇のプレミア@有楽町国際フォーラム

17:45開演で17時頃に到着しました。

チケット引き換えは11列目の舞台向かって右側。

映画も観やすい席でした!

登壇キャストは?

舘ひろしさん、黒木瞳さん、広末涼子さん、田口トモロヲさん、ベンガルさん、中田秀夫監督、原作の内館牧子さんでした!

女性陣は黒ベースに柄の入ったシックで素敵なドレス、男性陣もスーツでビシッと決めています。

舘ひろしさんダンディーでした!!

黒木瞳さんは顔ちっちゃくて綺麗だし、広末涼子さんは透明感が素敵でした!

「定年って生前葬だな。」から始まる物語

舞台の幕が上がると後ろに葬儀会場のような花のセットを背負ってキャストが並んでいました。

後ろが結構派手だったので、女性陣は黒地の柄物より、ぱきっと単色の方が生えそうだなと思いましたが、コンセプトがお葬式なのかもしれません。

冒頭に「定年って生前葬だな。」というセリフがあるのでそのようなコンセプトだったのでしょう。

※マスコミ以外カメラNGなので残念ながら写真はない

黒木さんは役柄に自分と重なる部分があったとおっしゃり、広末さんは自分と重なる部分はなかったとおっしゃってました(笑)

また、ジムで血圧を測っている女性は内館牧子さんご本人だそうで、要チェックです!!

女優デビューだそうです!!

他にも車のナンバーや色々深読みすると面白そうなネタがあるのでじっくり観て観てください(笑)

感想(ネタバレなし)

原作は残念ながら未読だったので予備知識なしで行きましたが、思い題材を『リング』の中田秀夫監督がときにホラーのように(笑)全体的にコメディタッチに描いていてとても面白かったです。

終わり方も私は好きでした。

主演のお二人、広末さんのリアルな演技も物語に入って行きやすく、ダンディーな館さんがうだつの上がらない定年退職後のサラリーマンを演じる姿がとても面白かったです。

『パパとムスメの7日間』もガッキーと館さんが入れ替わって面白くて好きだったなぁ。

『君の名は。』の先駆けかもしれませんね(笑)

今井翼さんの演技が激しかったり、笹野高史さんを初めいぶし銀役者の方々の味わい深く、彩りを添えていました!

6月9日公開なので、ぜひ劇場で楽しんでください!

特に定年後の方や定年したお父さんがいるご家庭など共感できるポイントが多そうです!

私は定年を待たずに退職しましたが「暇」を感じることがあまりないので、死ぬまで何かしら活動し続けそう、と思いました。

自分の老後に置き換えてみるのもちょっと怖いけどシュミレーションになって大変背筋が凍ります(笑)

そういう意味ではホラーかもしれません(笑)

では、また⭐︎