【マツコの知らない世界】とらやの戌年限定羊羹が美味しい上に可愛い!値段や購入方法は?

シェアする

こんばんは!

最近すっかりテレビっ子になってしまったチェルです☆

こんなんじゃダメだ。

だがしかし、ながらテレビなので時間の無駄ではありません(と信じている)

「とらや」って!?

室町時代に京都で創業した老舗和菓子屋さん。

皇室とうちのばーちゃん御用達。

祖母は黒糖羊羹の「おもかげ」が大好物。

筆者は小学生の時に学習院の文化祭に行き、そこから抹茶と和菓子にハマる。

抹茶とねりきり、くずきりが好き。

とらやカフェでバイトしたことがある。

『マツコの知らない世界』でバラエティー初登場!!

参照:http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

社長さんと職人さんと社長の息子の専務さんが登場です。

今までテレビに出なかったけれど、トヨタの社長さんの回で、マツコさんが社長の良さを引き出しているところを見て、鋭い中にも愛があるマツコさんの番組だから出演されたとか。

それすごく共感します。

マツコさん、愛を感じる。

ツッコミが的確で鋭くて面白いんだけど絶対的な優しさを感じます。

専務が出たきっかけは「インド人とのハーフのお嫁さんが唯一見ている好きな番組だから」だそうです。

専務は32歳で、今後国際展開を目指すらしいです。

同年代!!

頑張りたいですね!

虎屋3つの秘密!!

1、1代一人制度

創業時代から黒川家が継いでいるが、兄弟がたくさんいても虎屋に入社できるのは一人だけ!

代々受け継がれている一人しか知らない秘密があるらしいです。

2、元禄8年から続く門外不出の菓子見本帳

元禄元年の菓子見本帳!!色も日本の伝統的な素材でつけられているらしいです。

シンプルで美しい!!

練り切りってこうやって作るのね!!

これは作ってみたい!!

いつも不思議に思っていたのですが、層ごとに丸めてから整形して行きます。

3、御殿場に密かに「とらや工房」がある!

御殿場とらや工房限定のどら焼きが美味しそう!!

門を超えると立派な竹林が!!5,600坪の景観が素晴らしい工房です。

とらやカフェも独特のコンセプトがありましたがとらや工房は「素朴な和菓子を味わってもらいたい」というコンセプトでとらや本体よりも甘さ控えめなシンプルなどら焼き、人形焼、季節の和菓子が食べられるそうです。

そうです!中に入れるのです!!

いってみたい!!

年末年始に食べた和菓子

おなじみのめっちゃかっこいい袋!!

テンションが上がります!!

戌年バージョン!!可愛い!!おもかげ(黒糖味の羊羹)、夜の梅、新緑(抹茶味の羊羹)。

夜の梅は切り口が「夜に咲いた梅のようだから」らしいです!知らなかった!

おもかげは黒糖がこっくりと聞いていて他にはない味です。

新緑も濃厚な抹茶が特徴的です。

二層に分かれる羊羹。

風呂敷付き。

値段は?

【新春限定パッケージ】

干支羊羹『春戌』
販売期間:2017年11月下旬~2018年1月下旬(予定)
中形 税込1,944円、竹皮包 税込3,888円

干支パッケージ 小形羊羹『夜の梅』『おもかげ』『新緑』
販売期間:2017年11月下旬~2018年1月上旬(予定)
各1本 税込260円、5本入 税込1,404円

店舗?オンライン?どこで買えるの?

全国の百貨店などのとらやの店舗の他、オンラインでも購入できます!!

https://www.toraya-group.co.jp

まとめ

ひょんなことから大好きなとらやをもっと知ることができました!

テレビって時々面白い!!

関連記事はこちら!

銀座土産 空也はもなかだけじゃない!贈って喜ばれる季節の絶品和菓子の内容と値段はこちら!

では、また☆