神秘的なアンテロープキャニオン!!天気が良くて夜は念願のBBQ!ファラオとの闘い!!キャンピングカーでアメリカ横断DAY11

シェアする

Hi!

アンテロープキャニオンに向かうチェルです☆

アンテロープキャニオンとは?

アリゾナ州ペイジにあるナバホ族の渓谷。

鉄砲水でで削られた彫刻のような赤土が乱立する谷。

芸術的!!

8月など夏場は時間帯によって太陽が差し込む時間があってさらに神秘的なようです。

モニュメントバレーから向かうと手前のローワーキャニオンとアッパーキャニオンがあるが、観光地として人気な方はアッパーキャニオンの方。

一度ローワーに行ってしまいトイレだけ行ってアッパーへ移動しました。

アッパーではガイドとともに中を見物していくのでゆっくり写真を撮っていると時々急かされる。

入り口はこちら!

こんな感じで潜って行きます。階段あります。結構傾斜もあります。

おおおおおおお!(誤打ではないです)

なんたる曲線美!!!

ほわわわ。

仲良しです♡

もはや後ろどうなっているのかわかりかねます。

ところどころにあるハシゴを登ったり下ったり。

いつも通りアクロバティックなゆっきー

迷子になれます。

上を見つめる感じが素敵ななっちゃん

私一個も上むき写真ない。。

他の人がどんなポーズをとるか、とかどんな画角で撮るのか、もっと勉強します(笑)

みんな上手!!

所により光の入り方が違ったり、カメラや設定により色味の感じが変わるので、好きな感じを研究してから撮影することをお勧めします!!

みんな個性が出ています。

れいなちゃんの膝で眠りこける末っ子達(笑)

待ちに待ったバーベキュー!!BBQ!!

ボーイズ(笑・男子チーム)が薪で火を起こしてくれました!!

エルモンテの先人たちが残してくれた小さい炭と、RVパークで買った薪。

火がつきやすいチャッカマン。

ボスのしゅんはボーイスカウトをしていたらしく、また色々できてずるいです。

燃えろよ、燃えろ。

内部ではガールズ(笑)が味付けや準備!!

この冷蔵庫、結構コンパクトで、上に冷凍庫もあります。

駄菓子菓子、

だがしかし、8人分の食材の長期保存には少し小さいのでちょっとずつ買い物してすぐに食べられなさそうな海鮮と肉を冷凍!

後、途中で溶けてしまったタイミングがあったのか、海鮮臭が取れない冷凍庫になってしまいました(泣)

冷蔵庫は元々あった消臭剤みたいな匂いが激しくて葉物とか全て消臭剤臭くなるし、冷蔵庫臭う問題に終始悩ませれていました。。

今日はやっと、凍らせていた肉を食べられる!!

肉は正義!!

珍しく早くRVパークにつけたので、待ちに待ったBBQ!!

しかもすぐ隣にスーパーもランドリーもある!!

なんて便利な立地!!おしゃれかつ便利!!

RVパークもおしゃれ!!薪も売ってました!!管理のおばちゃんがカッコよくて素敵でした!

ヒッチーNーポスト RVパーク

BBQの設備はRVパークによってあるところとないところがあるので、要チェックです。

ちなみにエルモンテでは日本から100均で網を買ってくることを推奨しています。

アメリカの網はちょっと大きいみたいです。

まきちゃんが買ってきてくれた

めっちゃいい感じです!!

お肉ももちろん美味しいですが、ブロッコリーマヨ、じゃがバタがまた絶品でした!!

そしてマシュマロ!!

みんなで外で食べるBBQは絶品です!!

てっぺい、お酒も進みます。

外のベンチで飲みながらこっくりこっくりするので、焚き火に突っ込まないか超心配です。。(笑)

目の前にランドリーがあってオーナーご夫婦と仲良くなりました!!

おしゃれ!!

この辺りは色々観光名所が沢山あるようで、すごいところに住んでますね。。

そして事件は起こった

大充実の一日の終わり、恒例のバッドじゃんけんベッドじゃんけん!!

私、じゃんけんあまり強くないとよ。。

なかなか勝てないとよ。。

じゃーんけーん、

勝ったぁー!!

初めて一番最初に勝ちました!

好きなベッドはダブルベッドです。だって広いし天井高いし大きいし安定してるしベッド作らなくていいし好きな時に寝れるし荷物近くにあって便利なんだもん。

駄菓子菓子、だがしかし、今日は初めてどこでも選べる!!

一番人気のお一人様ベッドを選びました!!

ここ!!

大きさをこの人形で測ってみましょう。

しゅん氏人形(推定180cmくらい)のでサイズが足りないようです。

恐らく170cmくらいを想定しているベッドのようです。

アメリカ人大きいのにどうしているのかしら??

ホクホク☺️

どんな寝心地なんだろう

食べるのと寝るの好きです。

そして、いざ寝よう!!

と思ったら。。

てっぺいが寝てるー!!

どういうことかというと、一番人気のシングルベッドは普段リビングとして使っているメインテーブルがあるファミレスのような席を畳んで、ベッドが出現します。

BEFORE 清々しい朝食のテーブル

AFTER 人気ナンバーワンベッド

ご飯の後の酒盛りは基本このメインテーブルで開催されます。。

と、いうことは、酒盛りが終わるまで眠れない&ベッドを作らなければならない、という条件が発生します。

宴もたけなわになるのは夜も更けて大抵誰かが寝落ちするか、みんなが眠くなったタイミングです。

要するに、てっぺいが寝落ちしやがられました!!

そこまではいいんです。大抵みんなちょっと声かけたら起きて移動して自分のベッドで寝ます。

駄菓子菓子、(そろそろこの変換やめてくれ、学習してくれ、Mac)だがしかし、

今回は一筋縄では行きませんでした。。。

れいなちゃん「ねぇねぇ、てっぺいさん、一回起きて」

てっぺい「zzz…」

れいなちゃん「ねぇねぇ、ここは今日チェルのベッドだよ?起きて移動しよう?」

てっぺい「zzz」

起きないてっぺい。

起こし続けるれいなちゃんをはじめとするメンバー。

れいなちゃん「てっぺいさん、ほら、移動するよー」

ファラオてっぺい「なんでそこまでしなきゃいけないの?(怒)」

れいなちゃん「いや、だからね、さっきベッドじゃんけんしたじゃん?今日はここチェルのベッドだよ。てっぺいさんのベッドはあっち」

この後攻防が続くもファラオてっぺいは頑として動かず、今日は仕方がないのでベッドを譲ることになりました。

初めて勝ったのに

もう勝てないかもしれないのに(笑)

一番のベッドの寝心地、試してみたかったなぁ(遠い目)

Why ファラオ??ファラオてっぺいの生態調査

こんばんは、生態調査員、チェルです

今回はファラオの生態調査をしてみました!

昼間はがっつり運転してくれる優しいお兄さん、てっぺい

その夜の顔は、ファラオだったのです!!

てっぺい「昼寝なんて意味ない!」という意味のわからない謎の持論を持っていて、

昼間は決して寝ようとしません

(なぜか『鶴の恩返し』の「決して中を見ないでください」という場面を思い出した)

絶対お昼寝しないてっぺい

「昼寝、ダメ、絶対!」

ある晩のこと、お酒が大好きなてっぺいは缶ビールをいいペースで飲み、ちょっと目が座ってうつらうつらしてきます。

なんならジャックダニエルさんとお友達になったりします。

いつもガソリンやルートなどを気にかけ、一生懸命働く真面目なてっぺいはお昼寝をしないのでお疲れなのでしょう。

そして夜もなかなか遅いのに結構朝早く起きています。

いつ寝ているのでしょうか??

そして、みんなで団欒をしている最中に時々突拍子も無いことを言ったりします。

その度にみんな「???」となり、爆笑の渦が広がります。

題名:恋の炎は盛り上がっているかい?

れいなちゃんとフライデーされるてっぺい(誤報)

そして極限になるとみんなでベッドに誘導し、入眠されると、とても綺麗な姿でお眠りにつきます。

手はお腹の上、布団をかけるとまるで寝姿がエジプトのファラオのようです(イメージ)

ファラオ、2017年10月10日出現。

この寝姿から、てっぺいのあだ名がファラオになりました。

ただし、開眼率がかなり高くて寄り目なのでちょっと怖いです。

BEFORE

AFTER

TE AMO(愛してる)じゃなくて

TEQUILA(テキーラ)というTシャツは流石ですw

<<<<<<<

ファラオの将来がちょっと不安になりました(笑)

体壊さないでちゃんと人間も愛して長生きしてねw

ZOON IN

別アングルから

ピクリとも動かないので呼吸をしているか心配になります(笑)

検死している気分です。。

お酒が進んで意味がわからないとこを言い出すとファラオ状態。

ルートじゃんけんの神がかった4人抜きをした時もファラオが降臨していたとしか思えません。

そんなこんなで、毎晩ファラオは伝説を作り続けていくのでした。

調査続報に乞う、ご期待!!

タイムテーブル

10月15日

7:00起きた

7:30朝食

8:30出発

11:30アンテロープキャニオン(−1h)

おひる

12:50ツアー

14:30出発

16:30RVパーク

買い出し

ごはん

キャンプファイヤー

ファラオとの闘い

25:00就寝

まとめ

友達のめゆちゃんにアンテロープキャニオンをすごくオススメされていたのですが、本当に自然の神秘を感じました。

残念ながら夏場ではなかったので日が差し込む様は見られなかったのでまたチャレンジしてみたいです!

次回は

ザ・ウェーブ抽選!ホースシューベンドの絶景っぷりに驚愕 キャンピングカーでアメリカ横断DAY12

です!!

では、また☆