過去

コーチングを受けたら私の中には結構厳しい「監督」がいた

最近なんだか行き詰まっている
なんだか自分でもわからないけれど変なこだわりがあって生きづらい

そんな経験はありませんか?

なんだかわからないけど閉塞感があった私はけいにゃんにコーチングをしていただきました!

話を聞いて深掘りしていくうちに自分でも気づかなかったことがわかったので一例として紹介します。

コーチングとは

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の一つ。 対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。 相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/コーチング

 

要するに話を聞いてもらって、深堀してもらうことで自分の気づかなかったことに気づいたりするコミュニケーションです。

自分の内面を嘘偽りなく話せないと意味がないので、信頼できる人、フィーリングが合う人にやってもらうのがとても効果的だと思います。

 

「監督」って誰よ?

私の場合、何かをやるときに自分の意思と自分以外の目線があるような気配がうっすらしていたのですが、今回コーチングをしていただくにあたりそのうっすらとした目線がどうやらちょっと厳しめの「監督」っぽいぞ、ということで今回名前がつきました。

はい。私、心の中に監督飼ってます😂

昔からストイックな人に心惹かれて、自分もストイックでありたいあまり、ダメな自分、できない自分、中途半端な自分を軽蔑しては凹んでいたりしました。

やれるときはやれるのに、できないときは本当にできないのどうしてなんだろう?

気軽に取り組みたいのにどこか完璧主義なところがあって、完璧なものになるまで人様の前に晒してはいけない、という意識がありました。

例えば恋愛に関して、「自分のことができてないのに人と付き合うなんてできない」、「完璧にならないと人と付き合えない」なんて思っていた時期もありました。

今ならわかります。そんなこと言ってたら孤独死まっしぐらです😂

完璧主義なのに全然完璧にできない自分にイライラしたりしました。

その背景は少し過保護で過干渉な母親だと思っていたのですが実は違いました。

 

完璧な(ように見える)兄への対抗心

完璧主義の裏側には完璧(なように見える)兄もいました。

というのは、兄は昔から頭も要領もよく、家では寝たり漫画を読んだりゲームばかりしているけれどいつも成績がいい優等生でした。どうやら授業中に一度聞いたら理解するらしく、家で勉強する必要がない神童でした😂

私は授業中はもちろんおしゃべりに花を咲かせていたので、そうそううまくはいきません😂

お兄ちゃん子だった私は小さい頃から兄のやることを全てやりたがり、兄の友達含め男の子とばかり遊んでいました。そういえば中学生くらいまで男の子になりたかったです。

さて、どうやら頭の出来が違っていた兄妹ですがやはり追いつきたい、ギャフンと言わせたいという闘争心がいつしか湧いてきました。

どうやらそれが「監督」となって心に住み着く一因となったようです。

 

漫画のように主人公になりたい願望

これは今思いついたのですが、幼い頃から漫画や本を読むのが好きだったので、漫画のようなありえない設定の「天は二物以上を与えたようなハイパーな主人公になりたい」と無意識に思っていたフシがあります。もちろん戦闘力は低めなので、とにかく賢くなりたかったように思えます。兄が賢い賢い言われて育ってきたからその影響も少なからずあるのでしょう。賢くなければ生きている価値がないような気がしていました。

賢いだけじゃなく誰からも愛されなきゃいけないし、目標は達成しなきゃいけないし、成功しなきゃいけない。「〜しなきゃいけない」と思ってました。

しかし中学生の時に激しく嫌われてしまいました。

過去記事はこちら

私にとってはゲシュタルト崩壊な事件でしたw

主人公になりたいのに主人公になれない!!😨

いや、人生の主人公はいつだってお前だぞ!ってのは今ならわかります(笑)

その頃は思春期独特の思い込みなのか、今よりも型にはめてしまいがちだったのでしょう。

 

「監督」に気づいてどう変わったか?

何か自分の中に自分だけど自分じゃないような自分以外の何かがいるぞ、と、白黒はっきりさせたい性分なのにわからなくてモヤモヤしてきましたが、「監督」の名前がついたらスッキリしました。何かあった時に、「あ、監督出てきたぞ」と客観的に思えばいいのです。それをどう対処してどう生きやすく共存していくかはまだわかりかねますが、少なくとも気づいたので無駄に不安になる必要はありません。

 

まとめ

コーチングっても面白い!!

普段から人に話を聞いてもらったり、話を聞いていくうちに自分の考えをまとめ上げる性質は自覚していたので、どうやら私はコミュニケーションをとったり書いたりしていくうちに頭が整理される人間のようです、人間にはインプットとアウトプット方法で得意不得意があるようですが、またそれは別の機会に。

皆様も機会があればコーチングしてもらうと自分でも気づかなかった自分の性質や足枷などに気づくきっかけになるかもしれませんね。

 

けいにゃん、ありがとうございました!!😆

 

では、また😋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください