Ethiopia

【エチオピア】ダナキル砂漠ツアー初日!塩湖で踊り野宿!

旅人一押しのエチオピア、ダナキルツアー!

『世界の果てまでイッテQ』で紹介されたらしく、これからホットになりそうなスポットです。

ナメック星のような黄色い大地や紅蓮の炎、溶岩が間近で見られる日本ではありえないツアーをご紹介します。

Halo!

ダナキルツアーって?

世界一過酷と呼ばれるダナキルツアー。
3泊4日のマグマが見られるツアーに申し込みました。
野外泊やお風呂に入れない、マグマの間近まで行ける、など日本では考えられないプログラムのツアーです。
私はエチオトラベルでツアーを申し込み、エチオピアの首都アディスアベバの事務所でお金を払い、翌朝5:30に長距離バス乗り場へドライバーさんに連れてっていただき、16時間かけてメケレに向かいました。
アディスアベバの宿やドライバーもエチオトラベルに全てお任せしました。

ダナキルツアー初日のスケジュールは?

ツアー初日8:30にホテルピックアップ、ツアー会社に他のお客さんも集まり、10:00頃出発。

タンザニアのサファリと同じようなバンで、オーストラリア人と日本人と中国人の4人でした。
現地のレストランでパスタを食べて塩湖に向かいました。

塩湖


ウユニとはまた違う塩湖。ギョサン大活躍。

太陽がなんだか曇っているエチオピア。
ジャンプをしたらギョサンが飛んでしまいました。


夕陽を見てワインを飲んでエチオピアンミュージックをおともに輪になって踊りました!
他の車のツアー客とも一緒に仲良くなれてとても楽しかったです。

ダナキルツアー初日のベッドは?


こちら。完全に野外。木のベッドにマットレスが敷かれ、少し空気が悪い感じのところで星空を眺めて就寝。
暑くて埃っぽいのでマスク必須。
貴重品類は車の中、もしくはしっかり身につけます。

この村にはテレビがあってみんなで集まれるビールが飲めるお店がありましたが村人は男性だけでした。
テレビはむしろそこだけしかないのかもしれません。
女性は夜出歩かないようです。
ツアーの人と一緒に行動した方が安心です。

トイレはなく、その辺の陰でします。
ウエットティッシュ必須。
そしてスカートのか隠せます。

ダナキルツアーの夕飯は?

コックさんがついてくれるのでスープやパスタ、パンやピラフなど一般的な洋食が食べられます。

まとめ

夜は初めての野外で野宿!
風が少し寒かったです!

では、また😊

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください