LIFE HACK✍️

【家庭用おすすめ防災備蓄グッズチェックリスト】地震・大雨・台風に備えあれば患なし

家が被災したけど備蓄がない!

まさか自分が被災するとは思わなかった!

近年地震や大雨、台風などいざという時が増えているように感じます。

実際に被災しないと当事者意識はわかないものですが、以前勤めていた会社で防災用品を整備し、「備えあれば患なし」ということを身をもって実感したので一般家庭でも必要なものをまとめてみました。

参考になれば幸いです。

この記事はこんなあなたにおすすめです

  • 災害のニュースを見るけど自分には関係がないと思っている
  • 備蓄はしていない
  • 何を備蓄すればいいかわからない

セットになっているものもあるので一つあると便利!

家庭用おすすめ防災グッズ

家庭用防災グッズはお家によって様々です。

人数、想定日数、様々な天気や気温に対応できるように

防災の時に必要なのは大きく分けて5つ。

  1. 食料&飲料
  2. 応急処置用品
  3. 避難用品
  4. 滞在用品
  5. 衛生用品

食料&飲料

災害で電気が止まった場合、冷蔵庫は使えなくなります。

ということは生ものは早く食べないと腐ってしまうし、日持ちのできるものが好ましいですよね。

もし水道やガスも止まってしまったら調理もできません。

そんな時に便利なのがすぐに食べられる長期保存食のパンやご飯です。

  • 長期保存の水
  • 長期保存のパン
  • 長期保存の米
  • 長期保存のお菓子
  • 長期保存の野菜ジュース
  • ラップ
  • ラテックス手袋
  • 紙皿
  • 紙コップ
  • 使い捨てスプーンなど

災害時はなかなか食料が手に入らないこともあるので何パターンか揃えとくと安心です。

また長期保存用の水も大切です。

最近では長期保存用の野菜ジュースもあるので栄養面も考えるとあると安心です。

応急処置用品

いざという時にあると安心なのがファーストエイド、応急処置用品です。

アウトドア・登山にも使えるので1つあると便利です。

  • ファーストエイド

 

避難用品

いざ避難が必要になった時に必要なのが身を守るものです。

ヘルメットや軍手、雨具などを持っておくと安心です。

  • ヘルメット
  • 軍手
  • 雨具
  • 常備薬
  • 災害用マップ

雨具はしまっておくだけではもったいないので、しっかりしたものがあると日常使いもできて便利です。

 

滞在用品

避難するまでもないけれど長期で自宅待機をしなければならない場合。

電気が切れる、水道・ガスが使えないことを想定すると色々必要になってきます。

  • ソーラー充電式懐中電灯
  • 電池
  • ろうそく
  • ブルーシート(ガラスが割れたり水漏れなどの対策)
  • 保温グッズ
  • ホッカイロ
  • 発電機
  • カセットコンロ
  • ガス
  • 暖房器具
  • 扇風機など

衛生用品

忘れてはならないのが衛生用品。

水が使えない時のトイレ用品の他に体を拭いたり快適に過ごすために必要なものは結構あります。

赤ちゃんがいるお家や高齢者がいるお家はおむつなども必須です。

  • ウェットティッシュ
  • トイレ凝固剤
  • ゴミ袋
  • オムツ・生理用品
  • 体拭きシート(人間・ペット用もあり)
  • 水のいらないシャンプー
  • 速乾タオル
  • マスク
  • ウォータータンク
  • 歯磨きシート

家庭用防災備蓄場所の候補は?

備蓄を揃えた時に考えなければならないのが保管場所です。

  • 備品はできればまとめて保管する方が点検・保管・発見がし易い。
  • 一方で、倒壊などにより物資にたどり着けないリスクの計量が必要となる。
  • 緊急脱出の想定も必要である(それに分散保管は対応するか)。

長期保存をするものなのでなるべく陽の当たらない場所かつ湿気が少なく邪魔にならないところが好ましいです。

    • 玄関近く…非常時に持ち出しやすい
    • クローゼットの中…湿気に注意
    • ガレージや物置など…湿気に注意

一箇所が難しい時はトイレ用品はトイレ、食品はキッチンなど用途によって分ける、など

なるべくまとめておいて1年ごと、例えば9月1日防災の日などに点検するのが好ましいです。

普段頻繁に使いませんがいざという時にすぐ取り出せるところに置いてご家族で情報を共有することが望ましいです。

家庭用防災備蓄チェックリスト例

備蓄の手配ができたら耐用年数などを確認できるリストを作ると便利です。

必要数量などを記載しておけば足りなくなった時の補充もしやすくなります。

以下は12人で3日過ごすことを想定して作成したので、4人で約10日間想定の内容です。

最低限のリスト一例

 

アイテム

数量目安

耐用年数

A.避難用品

A-1

懐中電灯

5個(部屋数分)

長期利用可能

A-2

LEDランタン

1個(在庫あり)

長期利用可能

A-3

救急セット(包帯、絆創膏、消毒液など)

1セット

3年

A-4

胃腸薬

1箱48包

3年

A-5

解熱剤

1箱60錠

3年

A-6

乾電池単3(20本セット)

20本

3年

A-7

乾電池単4(16本セット)

27本

3年

A-8

寝袋型アルミシート

人数分

5年

A-9

ろうそく(太・6本セット)

6個

10年

A-10

使い捨てカイロ(10枚セット)

36枚(12人×1枚/日×3日)

3年

A-11

マスク(60枚)

1箱(60枚)

長期利用可能

A-12

手回しソーラー充電ラジオ

2個

長期利用可能

A-13

ヘルメット

人数分

長期利用可能

A-14

軍手(12組セット)

人数分

長期利用可能

A-15

レインコート(上着)

人数分

長期利用可能

A-17

ビニールシート

2枚

長期利用可能

A-18

地図

1個

長期利用可能

A-19

ガムテープ

1巻

3年

A-20

持出袋

長期利用可能

B.滞在用品(水・食料など)

B-1

水(2l×12本)

108l(12人×3l/日×3日)

5年

B-2

アルファ化米(12食セット)

36食分(12人×1食/日×3日)

5年

B-3

長期保存用パン(24食セット)

36食分(12人×1食/ 日×3日)

5年

B-4

長期保存用ラーメン(3種12缶)

36食分(12人×1食/ 日×3日)

5年

B-5

ビスコ(30個入り×2缶)

60個(12人×3日)

5年

C.滞在用品(調理)

C-1

携帯用ガスコンロ

1台

長期利用可能

C-2

カセットガス

3本

7年

C-3

チャッカマン

2個

長期利用可能

C-4

紙皿(深さ13cm、350cm、100枚セット)

100枚×2

長期利用可能

C-5

紙コップ(100枚セット)

100枚×2

長期利用可能

C-7

ラップ

1本

長期保存可能

D.滞在用品(衛生用品)

D-01

ウォーターバッグ(10l)

2個

長期利用可能

D-02

ウォータータンク(22l)

2個

長期利用可能

D-3

簡易トイレ(排泄物用凝固剤)

最低5回×3日×12人 =180回分

7年前後

D-4

簡易トイレ(排泄物袋)

180枚

長期利用可能

D-5

簡易トイレ(防臭機能付排泄物袋一時保管
袋)

60枚

長期利用可能

D-6

生理用品(66枚)

1セット

長期利用可能

D-7

タオル(10枚セット)

10枚セット×2

長期利用可能

D-9

トイレットペーパー

常備

長期利用可能

D-10

ティッシュ

常備

長期利用可能

D-11

ウェットティッシュ(360枚セット)

360枚セット

3年

D-12

歯ブラシ(100個、歯磨き粉付き)

100個

3年

D-14

体拭きシート(30枚セット)

60枚

3年

D-15

除菌アルコール

1本

3年

D-16

ドライシャンプー

1本(在庫あり)

3年

D-17

ポリ袋

在庫あり

長期利用可能

D-18

ラテックス手袋(100枚セット)

1個

長期利用可能

 

まとめ

普段当たり前に使えている水道・電気・ガスも災害の規模によってはどうなることかわかりません。

今回幸いにも私の家は無事でしたが後片付け中に家族が怪我をしてしまったり思わぬアクシデントがあると実感したので、少しずつ備えていくことにしました。

災害はないに越したことはありませんが、起こってしまってから対策しても間に合わないので日頃から備えておきましょう。

被災された方が1日でも早く安全に暮らせることを願っています。

ちなみにふるさと納税やヤフーなどから寄付もできますので、ご参考までに。

物資を送ったりむやみにボランティアに行くよりも行政にお金を送る方が喜ばれるようです。

では、また🌟