Johnny's

サイバーミッション山下智久・ハンギョン初日舞台挨拶レポ

『サイバー・ミッション』の初日舞台挨拶ではどんなことが語られた?

どんな雰囲気だった?

※舞台挨拶は上映前だったの映画のネタバレはありません。

本日1月25日に東京・新宿ピカデリーで行われた『サイバー・ミッション』初日舞台挨拶に主演ハンギョンさん、山下智久さんが登壇しました。

『サイバー・ミッション』はサイバーテロ組織に潜入したゲームオタクのハッカー、ハオミン(ハンギョンさん)と悪の組織のボス、モリタケシ(山下智久さん)の戦いを描くサイバーアクション。監督は中国のCMディレクター、リー・ハイロン監督。アクション監督は『ボーンアイデンティティ』担当の本格派アクション映画!!

今ノリに乗ってる山下智久さんは初の海外映画出演、悪役挑戦です。

一面の大きな柱は撮影スポットになってました。

会場にはこんな大きな柱が。

【映画コード・ブルー】公開日、試写会応募、舞台挨拶はいつ?

サイバーミッション山下智久・ハンギョン初日舞台挨拶で何が語られた?

※思い出しながらざっくりまとめて書くので詳細や順番が多分間違っておりますがご了承ください。

舞台挨拶ではハンギョンさんがホワイトハッカーらしい全身白い衣装。

山下智久さんは黒いスーツ、白いシャツ(襟がドット)、黒いネクタイ、ピアスが光ってました。

まずは主演のハンギョンさんが日本語で挨拶。

「こんにちは、私はハンギョンです」

ハンギョンさんは韓国のアイドルグループスーパージュニアのメンバーで、来日は10年ぶりだとか。

ハンギョンさん「今回は本当の自分とは違って若い人を演じました。アクションシーンもたくさんあります。」

 

山下智久さん「本日はお忙しいなかありがとうございます。初の海外挑戦で苦労して作った作品ですので日本で公開できて嬉しいです。短い時間ですが宜しくお願いします。」

https://twitter.com/Plove_49/status/1088797285406765056

Q.会場はどうですか?

ハンギョンさん「今回久しぶりの来日で自分の作品をシェアできて嬉しいです」

Q.初の海外、悪役でどうでしたか?反響はありますか?

山下さん「1日宣伝してたので反響はまだですが、僕も映画館に足を運んでみたいと思います」

司会の方が、「映画館で山下さんに遭遇したら驚きますね」というようなことを言っていたので妄想してしまった。

きっと開演してから入ってエンドロールで帰るんだろうなぁ。

Q.現場の雰囲気は?交流は?

ハンギョンさん「撮影中は緊張していましたが終わった後は飲みに言ったりしてリラックスしました」

山下さん「現場でキャストやスタッフの方が気にかけてくれたり、休みの日は(男性陣)3人でジムに行ったり目標に向けてみんなで頑張りました」

ハンギョンさんが思い出して「そうそうそう」と相槌を打って笑いが起きる。

ハンギョンさんは山下さんが一人中国語を話せないことを気にかけて飲みに誘ったりしていたそうです。

ジムでお互いの筋肉を比べてたりしたそうです。

みてみたい。

また、中国にプレミアに行った時(?)にはハンギョンさんが自宅にキャスト・スタッフを招いてご飯をご馳走したそうです。

「ザーズージー」と聞こえて辛いお肉って訳していたので多分ザーズージーは食べていたと思います。辛い唐揚げみたいな。

 

どこかの質問でで二人で「うーん」と視線を宙に浮かせて考えるシーンがあったり、お互いの肩を叩き合うシーンが可愛くて会場はほっこりしていました。

Q.アクションシーンはどうでしたか?

ハンギョンさん「今回の役はオリンピック選手のような感じではなかったので、怪我することもあって大変でした」

Q.見所は?

山下さん「カーアクションが日本と違って道路を封鎖してやったり、マレーシアで撮影した時に雨が降っていたアクションシーンが緊迫感がありました。逃げるシーンで転んでいるんですが、台本ではなくて本当に転んでしまって、でも転んだ、やばいとか思わずにそのまま撮影を続行して本編に使われていました。それだけ臨場感が出ていると思います。全治2週間くらいでした」

サイバーミッション山下智久・ハンギョン初日舞台挨拶レポ山下さんが毛を剃った?

Q.役作りは?

ハンギョンさん「ハッカーは初めてだったので専門の人に話しを聞いてみたりしました」

山下さん「薄気味悪い悪のハッカーを演じるために体重を6kg落としたり、毛を剃ってみたり、撮影中は日本の友達と連絡を取らないようにしていました」

すね毛を剃るアクションをする山下さん。

TBCで脱毛してたわけじゃないんだと思ってしまいました。

毛を剃った感想を聞かれて「みなさんも試してみてください」という意味のわからないおすすめをする山下さん。

毛を剃るに関して司会の方がものすごく突っ込んだので山下さんは「毛の話はもうやめましょうよ」とたしなめる。

役作りがストイック!!

Q.お互いの印象は?

ハンギョンさん「最初はクールな印象でどう接していいかわからなかったけれど、接していくうちに優しくて時にはユーモアもあって面白い人だと思いました」

山下さん「リーダーシップがあってスタッフみんなに気を使える素晴らしい人だと思いました」

Q.お互い男前だと思うところは?

ハンギョンさん「仕事に真面目だと思いました。転ぶシーンで本当に転んだのに最後まで走って男前だと思いました。あとは毛を剃ったことです」

山下さん「周りに気を配れて、アクションで倒れたシーンの後に手を差し伸べてくれて男前だと思いました」

Q.最後にメッセージ?

ハンギョンさん「今日はありがとうございます。今回は舞台挨拶も少なかったのですが、また戻ってきたいと思います」

山下さん「今日はありがとうございます。普段邦画に比べてアジアの映画を観ることは少ないかと思いますがこの映画をきっかけに楽しんでください。1日ハンギョンさんと一緒に回れて光栄です。そしてみなさんにこの映画を届けられて嬉しいです」

サイバーミッション山下智久・ハンギョン、初日舞台挨拶グッズは?

グッズは特にありませんでしたがパンフレット(820円)でした。

https://twitter.com/p_paruka/status/1088624262741581824

ちなみに前売り券には熊がついていました。

https://twitter.com/yp39icecream/status/1087278878828113920

 

まとめ

今回登壇されたお二人とも穏やかな空気感だったので、舞台挨拶は終始和やかムードで約30分間たっぷり行われました。

ツイッターで募集していた質問コーナーも5問くらい聞かれていてかなり余裕がありました。

映画のざっくりした感想はとにかくスピード感があってスリル満点の面白い映画でした。

頭脳戦と本格アクションがある文武両道な作品で、格闘技とプログラミングがしたくなりました←単純。

黒幕の山下さんの出番自体はそこまで多くないですが新鮮な悪役姿と堪能な英語シーンが拝めます。

ハンギョンさんは所によりキムタクこと木村拓哉さんに見えるシーンがあって不思議な感覚に陥りました。

映像の作り方は日本ともアメリカとも少し違った感じがして新鮮でした。

香港、上海、クアラルンプールの夜景が綺麗なシーンもあったり街の様子が垣間見れるので旅好きも楽しめます。

ロケ地巡りしたい。

頭脳戦あり、アクションあり、ラブあり?な『サイバー・ミッション』この冬おすすめです!

では、また⭐️

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください