天体観測

【2018年】15年ぶりの火星大接近 は肉眼でみれる!?平成最後の大接近

2018年7月31日、地球と火星が大接近します!!

先日28日の月食は台風の影響で日本で見られるところは多くなかったですが今夜は晴れ!

火星大接近について調べてみました!

火星大接近とは!?

出典:国立天文台サイト

 

文字通り火星が地球に大接近します!!
火星と地球との距離は5759万km!

57,590,000km!!

ちなみに地球の直径は1万2742km。

最接近時ですら地球が4519個分という遠さ!!
果てしないですね。

 

火星と聞くと『テラフォーマーズ』や『マーズアタック』を思い出します。

実際にテスラの創設者イーロン・マスクが主導するSpaceXが、2022年の実現を目指して火星に人を送り込む計画を進めていて、最終的には火星に居住可能なコロニーの建設を想定しています。

ナデシコ!!

火星大接近はいつ見れる?肉眼で観れる?

出典:国立天文台サイト

最接近自体は7月31日ですが、8月半ばくらいまでは大体同じくらいの大きさで見えるはずです。

なぜって遠いから!!

肉眼でも観られました!

遠いけど!!

ちなみに国立天文台のサイトに色々詳しく載っていますが、素人には色々難しいので時間と方角だけ載せてみます。

7月31日:出は18時51分で方角は南東 23時32分に南中
8月7日:出は18時17分で方角は南東 22時57分に南中
8月14日:出は17時44分で方角は南東 22時23分に南中
8月21日:出は17時13分で方角は南東 22時51分に南中
8月28日:出は16時43分で方角は南東 21時23分に南中
参照:国立天文台暦計算室『今日のほしぞら』「火星が見える大体の位置や時間」

火星大接近、前回と次回はいつ?

前回の火星大接近は2003年!
なんと15年前!!

私もまだ学生でした(笑)

次回は2035年です!
私は何歳になるんだろう(笑)

最近では、欧州宇宙機構の火星探査機が火星の氷の下に液体の水が存在している証拠を見つけたと、2018年7月25日にサイエンス誌で発表され話題になりました。

コロニー計画は次回の最接近までに進むのでしょうか。

まとめ

火星の大接近

肉眼ではちっちゃいけど、せっかくだから見上げてごらん!夜の火星を!

 

では、また⭐

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください