軽井沢

【軽井沢】碓氷峠の見晴台へのバスでのアクセスは?

せっかく軽井沢に行ったら山の景色も楽しみたい!

ハイキングもしたい!

私は歩きたくない!

そんなあなたにおすすめなのが見晴台です。

麓の旧軽井沢銀座や万平ホテルから直通バスが往復で出ていて、歩きたい方には散策ルートもあるのでおすすめです。

 

見晴台って?

長野県と群馬県の境目にある見晴台は、標高1200mに位置する展望公園。

碓氷峠の頂上の近くにあります。

浅間山、妙義連峰、南アルプス、八ヶ岳が一望できる名所です。
夏には新緑、秋には紅葉、冬は美しい雪景色を楽しむことができる絶景スポットです。

見晴台入口には約4kmの遊歩道もあるのでハイキングを楽しみたい方にもおすすめです。
※ただし熊に注意の看板あり。自転車通行不可。

 

見晴台へのバスは?

 

見晴台へは往復のバスがあります。


東急ハーベストクラブ(午前中のみ)→観光会館前→テニスコート横→万平ホテル→二手橋→見晴台→つるや旅館→観光会館前→…

というように巡回します。
※つるや旅館は見晴台からの下り方面で乗らないと乗れません。

私はそれで一度乗り逃しました。

見晴台への赤バス乗り場の目印や時刻表は?

見晴台行きの目印はこちらです。

夏季は右の時刻表です。
一度平日時刻表を案内され、乗れなかったです(2回乗れてない)

バスは1時間に一本くらいで最終も早いので注意です。

 

見晴台への赤バス料金は?どうやって払う?

料金は大人片道500円、往復800円。

子供300円、往復400円です。

見晴台についてから支払います。

現金のみです。

バスからの風景。

天皇と皇后が出会ったテニスコートはこちらです。ちょうど8月に出会われたとか。

万平ホテル前。ジブリの『風立ちぬ』の舞台の一つだとか。

往復券はこちらの可愛いチケットです。

時刻表ももらえます。

帰りは下りたところの斜め前からバスに乗ります。
観光会館前からバスに揺られることおよそ20分で到着です。

激しい上り坂を登ります。

一度自転車で行こうと思ったら急すぎるのと、立ち入り禁止になっていて無理でした。

 

まとめ

見晴台へのバスでのアクセス
  • バスが可愛い
  • 運転手さんが素敵
  • 終バスは早い
  • 乗り場と時間に注意
  • 小銭を持って行った方がスムーズ

では、また⭐

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください