トラベルハック

フィリピン、ベトナム、東南アジア旅行に大活躍の格安安心タクシーアプリ【Grab(グラブ)】

東南アジアに来たけどタクシーはぼったくられそうで不安。

そんなあなたにオススメアプリを紹介します。

その名も【Grab(グラブ)】!

 

【Grab(グラブ)】ってなに?

ベトナムやフィリピンでメジャーなタクシーアプリ。

 

ウーバーやリフトみたいな感じです。

こちらは電話番号認証が必要なので、スムーズに旅するには事前に日本でダウンロードをオススメします。

【Grab(グラブ)】に登録方法は?

まずはアプリをダウンロード、電話番号や個人情報を入力します。

SMSでの認証番号を入力すれば完了。

 

【Grab(グラブ)】フィリピンでの使い方。

 

グラブは現金とクレジットカードで使えますがフィリピンではカードを使うにはチャージが必要でした。

 

チャージは500ペソ(約1000円)から。

クレジットカード番号を入力して買います。

チャージした方が割安になります。

 

【Grab(グラブ)】使い方

行きたいところを入力します。

下に出ているリストが金額リストです。

普通車、シェア、大型車で金額が変わります。

シェアリングだと少し安いので時間に余裕があって嫌じゃなければシェアをオススメします。

 

ピンでドライバーと落ち合う場所を決めて待ちます。

空港では出てすぐのところではなく、目の前の建物を超えたところにグラブ用のコンコースがありました。

【Grab(グラブ)】ミーティングポイント乗る場所は?

建物を抜けます。

旅行者の車町エリアがあります。

地図だとこの星のマークのところがグラブ乗り場です。

空港の道路は入り組んでいるのでこちらを指定するとスムーズです。

 

ちょうどここが乗り場です。

できればここにピンをして待ちましょう。

支払いをカードにすればその場で払わずにすみます。

お釣りトラブルもなく明朗会計!

 

まとめ

  • 東南アジアではタウシーはグラブがメジャー
  • 明朗会計、行き先も明確
  • 安全

では、また⭐︎

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください